第90回 最強の戦略教科書 孫子

最高の戦略教科書

こんにちは。
サクセスエール税理士法人の青谷麻容子です。

ここ仙台も木々が色づき、葉を落とし、刻一刻と冬の足音が近づいてきております。
皆様のお住まいの地域も美しい晩秋の景色が広がっているのではないでしょうか。

さて、今回ご紹介するのは、中国古典研究家でもあり、多数の著書も書かれている守屋淳氏の「最高の戦略教科書 孫子」です。

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」で有名な孫子の兵法。

今から約2500年前にという大昔に書かれたにもかかわらず、今なお多くの経営者の愛読書としてあげられています。
愛読者としては、ソフトバンクの孫正義社長、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツなど、錚々たる顔ぶれが並びます。

戦争の将軍だけでなく、経営トップ、スポーツ監督まで、あらゆるリーダーに愛読されてきたからには、時代を超えた普遍の真理が書かれているのだと思います。
とはいえ、2500年前という世界最古の戦略書「孫子の兵法」ですから、独力ではとても読みこなすのは難しいのが現実です。

守屋氏は、時代背景を紐解きながら、分かりやすく、現代のビジネスに応用できる形で解説してくださいます。

その時々に応じて、必要な箇所を何度も読み返したくなる一冊です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

サクセスエール税理士法人 公認会計士 青谷麻容子

参照:最高の戦略教科書/孫子

青谷 麻容子

青谷 麻容子

Leave a Replay