第63回 遺すもの、遺されるもの。

相続仮面

こんにちは。
サクセスエール税理士法人の佐藤美友です。

期末のバタバタ、個人の確定申告の期限など、何かと慌ただしい3月ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回ご紹介いたしますのは『相続仮面』です。
先日『会計天国』について書かせていただきましたが、シリーズの最新作は相続・生前贈与・承継といった、事業をされている方ならば一度は考える問題がテーマとなっております。

自宅の相続、会社の後継ぎ、生前の話し合い、登場人物が置かれている立場は様々です。
ドロドロになりがちな相続をコミカルに、そしてドラマティックに綴られた一章一章に惹き込まれ、ついつい周りの人たちに進めてまわってしまいました。

自分が、あの人が、いなくなった未来の話をすることに抵抗を覚える方もいらっしゃるでしょう。
それでも、いつかは来てしまうその時をどう迎えるのか。
税制のことはもちろんですが、筆者が伝えたかったのはそれだけでは無いのだと、読み終えたときに自然と理解できました。

多くの方々が直面するであろう相続という問題に対して、物語という切り口から描いていく一冊。
既刊も合わせて、ぜひともお手に取っていただきたいシリーズです!

サクセスエール税理士法人 佐藤 美友

参照:相続仮面/竹内 謙礼・ 青木 寿幸

佐藤 美友

佐藤 美友

Leave a Replay