後継者に求められる六つの資質

事業承継_後継者に求められる六つの資質

資質のない人物が社長になることほど不幸なことはない。
社員がやる気を失い、会社の業績が暗転、財務状況は悪化。
社員も創業家も取引先も地域社会にとっても不幸な結末、倒産というリスクが高まる。

経営者として求められる資質(人間性)がある。

①素直であること
他人の意見に耳を傾けられる人とシャットアウトしてしまう人では、成長の機会に大きな差が生まれる。
過去の成功体験に縛られることなく現象を素直に捉えられる態度は、自分自身を成長させてくれる。

②謙虚であること
社長と社員は相互依存の関係にある。
よき経営者が存在してはじめて、社員も幸せになれる。
良い働きをしてくれる社員がいてはじめて、社長も安泰でいられる。
社員がいるからこそ会社が運営できることを理解し謙虚な姿勢がなければ、能力だけでは人はついてきてはくれない。
会社は一族の私有物ではなく、自分も一社員に過ぎないと自覚する必要がある。

③目標に対して執着心をもつ
企業経営を存続させるうえで目標達成は義務である。
リーダーである経営者がやり抜こう、達成しようとしなければ、社員に対して目標達成を求めることはできない。

④プラス発想をもつ
会社を経営する中でいつも困難はつきものである。
トップがその度に物事を悪い方向ばかりに考えてしまっては、会社は縮こまってしまう。
悲観的に備え、楽観的に行動することで、新しい事業機会を発見しなければ成長は見込めない。

⑤研究熱心である
好奇心旺盛で活動的な人は、出会いと発見により運気を引き寄せる。
物事を突き詰めて考えられる人だけが何かを成し遂げることができる。

⑥慎重である
一回の成功体験で慢心してしまう人は長くは続かない。
危機感と現状に満足しない飢餓感を持ち続ける人は、成功を持続できる。
経営者は臆病なくらい慎重な側面があるものである。

「社長を信じてついてきた結果、今があります。」
これまで一生懸命についてきてくれた社員は、一種の敬愛の念を抱いてきたはずです。
そんな社員を失望させないよう、感謝の念をベースに経営者としての資質を磨いていきたい。

引用「社長の幸せな辞め方―事業承継3つの選択」アタックスグループ (著)

青谷 貴典

青谷 貴典

Leave a Replay