第18回 チームを前に進める会議

世界で一番やさしい会議の教科書

こんにちは!
サクセスエール税理士法人の色川大輔です。

皆さんはどんな時に本を読んでいますか。
私は、移動時間を読書の時間に充てることが多いのですが、この本を初めて見たとき、正直申し上げて題名といい見た目といい、少し手に取りにくいものを感じました。
このため、最初は避けていたのですが、ブックレビューの評判が良かったことや友人の薦めもあり、購入することとしました。
読んだ感想を一言で言うと、『買って良かった。』

今回紹介したいのは、「世界で一番やさしい会議の教科書」という本です。

ファシリテーション関連の書籍は複数読んでいますが、実践のしやすさではNo.1だと感じました。

仕事では、社内、お客様、パートナーとの協働が不可欠です。
しかし、本当の意味でチームとしての力を発揮するのは非常に難しいと思っている方も多いのではないでしょうか。

意見がまとまらない、意見がなかなか出ない、スケジュール通り進まないなど様々な悩みがあると思います。
そのような課題・悩みに対する解決の一助となるのがファシリテーションだと思います。

この本は小説形式で、会議ファシリテーションの方法を日常の会議に当てはめて、段階的に紹介しているため、非常に理解がしやすい文章となっています。
また、すべてが実践を前提とされているため、実際の会議にも活用しやすいのも特徴です。

会議の教科書となってはいますが、複数人が集まる会議だけではなく、1対1の打合せ・相談にも活用できるものです。
周囲の方との協働を、より効果の高いものにしたいと考えている方には参考になる書籍だと思います。

チームの力を引き出すことは、組織にとっては共通の難題である一方、チームで働く醍醐味でもあると思います。
今後もファシリテーションについても勉強を続けて、社内はもちろん、お客様との協働もより効果の高いものにできるよう、努めて参ります。

サクセスエール税理士法人  公認会計士・中小企業診断士 色川大輔

参照:世界で一番やさしい会議の教科書/榊巻 亮

色川 大輔

色川 大輔

Leave a Replay